東海大学学園史資料センター|トピックス
東海大学 学園史資料センター
東海大学 東海大学医療技術短期大学
東海大学学園史資料センター 東海大学福岡短期大学
 HOME>トピックス
トピックス
トピックス
東海大学の歴史とスポーツでの活躍を紹介する展示会を開催しています



 学園史資料センターでは2019320日から、湘南キャンパス5号館2階の学園史展示室にて、「先駆けであること。東海大学の歴史とスポーツでの活躍」と題した期間常設展を開催します。

チラシ表

 日本初の民間FM実用化試験局「FM東海」で、ラジオを用いた通信教育を実現。日本初の原子力工学専攻(工学部)で、原子力エネルギーの平和利用を目指して研究を推進。日本初・唯一の海洋学部で、従来の水産の枠組みを超えた海洋開拓に挑戦。米ソ冷戦時代から東欧圏やソ連を含む独自の国際交流を展開。幼稚園から大学・大学院まで一貫した建学の精神に基づく教育体制を構築。航空操縦学専攻(工学部航空宇宙学科)で、日本の大学で初めてプロ・パイロット養成に着手。世界で初めて大学チームとしてル・マン24時間レースに参戦。――東海大学の歩みは、先駆けの歴史と言い換えることができます。この展示で、本学のフロンティア・スピリッツに触れてください。

 

 また、陸上競技部(湘南)駅伝チームが2019年1月の東京箱根間往復大学対抗駅伝競走において初優勝したことを記念して、東海大学のスポーツにおける活躍の歴史についても紹介します。今年はラグビーワールドカップ日本大会の開催、2020年には東京オリンピック・パラリンピックの開催を控えています。これらの大会でも、本学の卒業生や在校生の活躍が期待されています。箱根駅伝において46回目の挑戦で悲願を達成した駅伝チーム、今や名門と呼ばれるようになった柔道や硬式野球、近年躍進のめざましいラグビーフットボールやバレーボール、バスケットボール。――さまざまな競技で、本学からオリンピアン・パラリンピアンや世界的大会の出場者、優勝者が誕生しています。スポーツ関係の資料や写真などから、東海大学のスポーツにおける活躍をご覧ください。


期間常設展「先駆けであること。東海大学の歴史とスポーツでの活躍」

【会期】2019320日(水)~719日(金)

(閉室日=土日祝日)

【開室時間】9001700

【会場】学園史展示室

(神奈川県平塚市北金目4-1-1東海大学湘南キャンパス5号館2階)

【交通】小田急線(新宿より快速急行約60分、小田原より約25分)「東海大学前」駅下車、徒歩25

http://www.u-tokai.ac.jp/info/traffic_map/index.html#shonan

【入場料】無料

【主催】学校法人東海大学学園史資料センター

【お問い合わせ】学園史資料センター

TEL:0463-50-2450

チラシ裏


一覧へ戻る
Copyright (c) Tokai University. All rights reserved. ご利用案内 | プライバシーポリシー | 免責事項