ホーム > 研究者紹介 > 経歴 内田 剛 特任助教
 

内田 剛 特任助教

 

所属

創造科学技術研究機構(湘南キャンパス)

連絡先

E-mail:uchida[at]tsc.u-tokai.ac.jp
(atを@にして下さい)

資格/免許

修士(法学)

略歴

2004~2007年
東海大学 法学研究科 法律学専攻
2007~2008年
財団法人 知的財産研究所 特別研究員
2008~2016年
財団法人 知的財産研究所 研究員
2016年~現在
現職

研究分野

知的財産法間の保護の重複や交錯の問題を通じて、技術の発展に対応した法解釈と理論を構築することを目指しています。そのために、これまで①知的財産権の帰属、②保護が重複する対象の性質、及び③保護の重複の効果とその問題点、の3つの観点から研究を進めてきました。現在はそれに加えて所有・保有のさまざまな形態と知的財産権の関係を分析することによって、その関係を統一的に把握しようと試みています。

キーワード

知的財産権、保護の重複・抵触、営業秘密の保護、所有、
権利の帰属(主体論)

所属学会

日本工業所有権法学会、著作権法学会

 

メッセージ

法学(法解釈学)の営みには、理論と実務(現実)の両方の知識を要し、知的財産法の分野においては、法学にとどまらない様々な分野の知識を総合した研究がいま求められています。そのような多様な分野について専門知識を持つ方々と共に刺激を受けながら協働していければと考えています。よろしくお願いいたします。