東海大学 学園史資料センター
HOME
東海大学 東海大学医療技術短期大学
東海大学短期大学部[静岡] 東海大学福岡短期大学
 HOME>Cumpus History>東海大学湘南校舎
資料センターとは
施設概要
事業内容
関連規程
展示会
今までの展示会
刊行物
学園史ニュース
展示会図録
学園資料館
CumpusHistory
資料を読む
お問い合わせ
資料・情報提供のお願い
各種申請書
お問い合わせ
所蔵資料目録検索
学校法人東海大学建学75周年
望星学塾
松前重義博士の精神と活動を継承するため、また東海大学建学の精髄として、さまざまな取り組みを展開しています。
地域連携センター
東海大学の教育と研究成果を、多分野にわたる講座で還元しています。
Cumpus History
東海大学湘南校舎
湘南校舎が産声を上げたのは、1962(昭和37)年のことです。この年の秋分の日(11月23日)に行われた、 松前重義総長(当時)の手による鍬入れ式がその一歩でした。平塚市北金目の台地に 購入した用地は13万坪(約43ヘクタール)。この13万坪の広大な台地に描いた壮大な夢を、構想を松前学長は繰り返し語っていたと、 草創期に学んだ卒業生たちは述懐しています。

翌1963年5月には早くもその独特の形状を誇るY字型の1号館(当時は本館)が完成し、順次学生たちの受入が始まります。 さらに、1964(昭和39)年から1968年にかけて第一次五ヶ年計画がスタートし、2号館、3号館、4号館、5号館、総合体育館が相次いで完成しました。

その後、学園の発展とともにその規模も拡大していき、現在(2006年)は17号館まで完成しており、その他のさまざまな施設も数多く建設されております。
茅葺き屋根の向こうの湘南キャンパス 1966年頃
湘南校舎竣工略年表
建設中の1号館 竣工直後の1号館
建設中の2号館 竣工前後の2号館
建設中の3号館 完成された3号館
 
建設中の総合体育館  
代々木校舎
湘南校舎
 
Copyright (c) Tokai University. All rights reserved. ご利用案内 | プライバシーポリシー | 免責事項