ホーム > 事業概要と実施体制
 

事業概要と実施体制

2010年度に文部科学省が公募した科学技術振興調整費「若手研究者の自立的研究環境整備促進」プログラムにおいて、東海大学は「国際的研究者を育て得るメンター研究者養成」の提案を行い、採択されました。その後、2014年度にはテニュアトラック制度を基本とする若手研究者育成プログラム、2016年度からは卓越研究員事業に採択され、東海大学独自のテニュアトラック制度を展開しています。

※科学技術振興調整費:総合科学技術会議の⽅針に沿って⽂部科学省が運⽤している政策誘導型の競争的資⾦です。若⼿研究者の育成や科学技術外交の強化のほか、第5期科学技術基本計画が掲げる科学技術システムの改⾰等、重要政策課題・目標を実現するプログラムを推進しています。

※卓越研究員事業:新たな研究領域に挑戦するような若手研究者が安定かつ自立して研究を推進できるような環境を、産学官を通じて実現するとともに、若手研究者が活躍し得る新たなキャリアパスを提示することを目的とした事業です。(文部科学省資料より)

本学のテニュアトラック制度では、大学運営本部に「テニュアトラック運営委員会」、「テニュアトラック教員採用委員会」を設置し、全学的なテニュアトラック制度の運営ならびに審査・検証する役割を担っています。
また、本制度は大学運営本部、研究推進部、学部・研究所・センターが一体となり、その活動を推進しており、在籍中の研究および運営のサポートは、所属する研究所・センターおよび研究推進部が行います。